和服について

和服について調べてみると、どうやら奈良時代には和服の元祖的なものがあったようである。
それから進化をとげ、現代では和服といっても様々なスタイルが存在する。

例えば浴衣、振袖、袴、喪服、黒留袖、訪問着、十二単、白無垢など多種にわたるようになった。
また柔道着、剣道着などの胴着もまた然りである。

これらの和服は職人が一から制作すると、とても高価な値がつくことが多い。
もちろん、その品たるや素晴らしいの一言に尽きるのだが。

そんな中、現在では和服の中でも着物の買取業者が多く存在する。
リサイクルという意味でも大変素晴らしい仕事だと思う。

特に人気なのがこの着物買取の専門店のようだ。

様々な種類を扱っているだけでなく対応がしっかりしているのが人気のようである。

私も数ヵ月後には必要なので、問い合わせてみたいと思う。